ロレックスにオーバーホールが必要な理由

一生モノの時計ともいわれるロレックスですが、毎日動く部品は間違いなく摩耗します。また汗や皮脂で変色することもあるのでオーバーホールは必要です。

オーバーホールのよくある質問

オーバーホールはどのくらいの期間?

3週間~4週間ほどのお時間を頂戴しています

オーバーホールの部品は純正品ですか

お店によっては、中古品からのレストアや代替部品になることもあるようです

オーバーホールの際のカスタマイズは可能ですか?

ロレックスの価値が下がってしまうため基本的にはお引き受けしません

どんな人が修理するのでしょうか

ロレックスのメカに精通した熟練の時計職人が修理に当たります。

ロレックスならどんな機種でも大丈夫ですか?

アンティークなモデルはお断りするお店もございます

使い続けるために必要なこと

超高級メーカーとして有名なロレックスの腕時計は価格がかなり高いので、一度購入したら長い間使い続けたいと考える方も多いはずです。もしも、できる限り長く利用したいなら、本格的に故障する前に不具合を調節してもらうことを考えましょう。そのときに利用できるのが、メーカーのロレックスや街で営業する時計店が提供してくれる、オーバーホールというとても便利なサービスです。腕時計には時計式と機械式がありますが、どちらを持っていたとしてもやったほうがよいので、オーバーホールを行うことをおすすめします。ちなみに、時計式と機械式ではメンテナンスの頻度がかなり異なり、機械式のほうが頻繁に行わなければいけないと言われています。

不具合をチェックしてくれる

腕時計

メーカーや修理店にオーバーホールを依頼してロレックスを預けると、腕時計をしっかりと分解し、中身に何かしらの不具合がないかチェックしてくれます。不具合が見つかった場合は、パーツを交換するなどの修理を行ってくれるので、調子の良いまま長い間使い続けられるようになります。なお、メーカーではなく修理店のほうにお願いをすると、修理に使うパーツは正規品ではない場合もあります。しかし、互換性はきちんと証明されているので、『不都合があるのでは』と心配することはありません。

広告募集中